伊藤農園の米づくり日記 >> カテゴリ:2010年春

補植用苗


2010/06/08
当地区の田んぼの多くには補植を行ない、余った苗がたんぼの隅に置かれています。伊藤農園では今年、苗が不良の為、この補植苗の利用が昨年の2倍程度になりました。しかし、最後、使われなくなった、この苗、そのままにしておくと、密集している為、イモチ病の発生源になってしまいます。今日は、その残った苗を田んぼから上げ、処分しました。補色した苗は現在、周りの苗とは明らかに、色が違います。果たして、最後には、周りの...

>>補植用苗の記事の続きを読む

省耕起栽培


2010/06/06
田植えから1ヶ月の省耕起栽培田です。やはり、低農薬の栽培の為、雑草が目立ってきました。この田んぼは3年間、耕作されていなかったため、除草剤を使用しないと無理かもしれません。こちらは比較対照水田です。現在、雑草はあまり見られません...

>>省耕起栽培の記事の続きを読む

田んぼのお山


2010/06/05
このお山、代掻き作業で何度も解消に向け、作業しましたが、どうしても、取りきれませんでした。田植え終了後、1ヶ月が経ち、やはり、ヒエ等の雑草がお山の部分に目立ってきました。何とかしないと、このままでは、稲が雑草に負けてしまいます。...

>>田んぼのお山の記事の続きを読む

水不足


2010/06/04
今年は当地区では現在、水は不足していません。自然水に頼っている、伊藤農園の田んぼでも自由に水をかけることが出来ます。この、超ミニ田んぼは例外です。こんな、状況になっても、稲苗は生きています。水稲の名前の通り、水の中で、苗は育ちますが、水が無くても、結構、育ってくれます。成長は遅くなりますが。...

>>水不足の記事の続きを読む

田んぼの高低


2010/06/04
3枚の写真は全て、同じ田んぼの写真です。この田んぼは高低の差があり、今年、出来るだけ、その差を解消する為に、代掻きで時間をかけ、努力しましたが、やはり、完全には解消出来ませんでした。この写真は低い部分、水を張ると小さい苗は水没して腐ってしまいます。この写真は田んぼの全景です。手前は水深があり、逆に、奥の方は高い為、土が露出しているのが分かると思います。こちらは奥の高い部分です。高いと土が露出し、苗...

>>田んぼの高低の記事の続きを読む

| 伊藤農園の米づくり日記ホーム | 次ページ

▲TOPへ