伊藤農園の米づくり日記 >> 2010年05月に投稿されたエントリー一覧

環境保全型農業その5


2010/05/27
モニター圃場で不耕起・省耕起栽培として、追加された圃場の写真を撮りました。3年、耕作されなかった圃場を聖地のみで、田植えを実施しているため、除草剤を田植えと同時に散布するも、早くも雑草が芽を出しております。こちらは、隣接して比較対象する圃場です。毎年、耕作していた為、モニター圃場より雑草は少ないです。これから収穫まで、それぞれの環境保全型農業を5タイプに分けて比較対象圃場との違いを調査いたします。...

>>環境保全型農業その5の記事の続きを読む

環境保全型農業その3


2010/05/27
農林水産省と協議の結果、新たに、不耕起、省耕起の栽培圃場もモニター圃場に追加することになりました。尚、比較対象圃場は隣接した、圃場を設けましたが、追加のため、改めて撮影の上、ご紹介いたします。又、果樹栽培でも、草生栽培がモニター圃場として認定され、野菜畑日記の方でご紹介させていただきます。...

>>環境保全型農業その3の記事の続きを読む

環境保全型農業その2


2010/05/27
環境保全型農業のその2として水管理(冬期潅水管理)のモニターを実施する圃場です。こちらは隣接し、比較する対象圃場となります。(金井戸地区)...

>>環境保全型農業その2の記事の続きを読む

環境保全型農業のモニタースタート


2010/05/26
伊藤農園では農林水産省の農地・水・環境保全向上対策環境保全型農業推進事業のモニター農家に選ばれ、22年度、本事業に強力することになりました。一つ目として、生き物の生育空間の確保(江や緩衝帯の設置)として調査を行なう圃場です。生き物の生育空間の確保(江や緩衝帯の設置)の調査に対し、比較する対照圃場は隣接して設けています。(滝の谷津地区)1番上の写真は緩衝帯(グリーンベルト)の写真ですが、こちらは江の部...

>>環境保全型農業のモニタースタートの記事の続きを読む

田植え体験その3


2010/05/24
東京や、川崎からの参加者は、もちろん、初めての田植え体験、田んぼに入ると、おたまじゃくしや、かえるに興味深々、自然のすばらしさを実感しました。...

>>田植え体験その3の記事の続きを読む

田植え体験その2


2010/05/23
当日の参加者は14組、約50名、その他スタッフ等を入れると70名ぐらいの方々が泥んこになりながら田植えの体験に歓喜しました。...

>>田植え体験その2の記事の続きを読む

伊藤農園の田んぼで田植え体験開催


2010/05/22
5月22日(土)、晴天の中、春のそよ風を受けて、伊藤農園の田んぼで田植え体験が開催されました。...

>>伊藤農園の田んぼで田植え体験開催の記事の続きを読む

最後の田植え(さなぶり)


2010/05/15
本年度、最後の田植えを八反目の圃場で妻と行ないました。今年は苗が蒸れてしまい、思ったような生育をせず、成長しないまま、老化苗になってしまいました。もしかしたら、植え付けしたものの、生育せず、枯れてしまうかもしれません。あとは、稲そのものの、自然の生命力に賭けてみるしかありません。昨年も、かなり、小さい苗を頂き、植えつけたものの、どうなることかと、心配しましたが、結構成長し、収穫出来ました。今年も、...

>>最後の田植え(さなぶり)の記事の続きを読む

改修工事の進捗


2010/05/13
改修工事の進捗の記事の続きを読む
現在、食堂の内部工事に作業が移ってきました。現時点では柱が数本建った程度ですので、イメージがわきませんが、今後随時、進捗の状況をアップしていきます。浴室はユニットバスの為、1日で設置が終わりました。数日経てば、又、自宅での入浴が可能となる見込みです。...

>>改修工事の進捗の記事の続きを読む

農機具の洗車


2010/05/11
2010年の田植え作業が終了し、代掻きで汚れてしまった、トラクターを洗車しました。作業機のハローはロータリーに変えて、畑作業に備えなくてはなりませんが、交換作業は後日行います。田植え機も何とか、最後まで、動いてくれました。しかし、肥料散布やその他、不具合が生じている為、来年度は更新する必要が有りそうです。本田植え機は5年間の稼動となりました。 お疲れ様でした。...

>>農機具の洗車の記事の続きを読む

| 伊藤農園の米づくり日記ホーム | 次ページ

▲TOPへ