伊藤農園の米づくり日記 >> 2011年07月に投稿されたエントリー一覧

乞田の盆踊り⑤


2011/07/30
こちらは、祭りを盛り上げる裏方さんです。子供たちの好きなカキ氷や焼き鳥、焼きそばなどを汗だくになりながら作って、祭りを盛り上げます。浴衣のおじょうちゃんたちもおいしいかき氷が大好きです。料理している裏方さんたちはいずれも地元青年会のボランティアさんたちです。的屋さんはいっさい入っていません。...

>>乞田の盆踊り⑤の記事の続きを読む

乞田の盆踊り④


2011/07/29
子供たちも真剣に見入っています。おかめ踊りも登場しました。こちらは、どうも、大人のようですね。たのしい、踊りに、夏の祭りも盛り上がっていきます。...

>>乞田の盆踊り④の記事の続きを読む

乞田の盆踊り④


2011/07/28
こちらはひょっとこ踊りです。おどけた仮面で踊っています。仮面の下はわかりませんが、子供たちでしょうか?...

>>乞田の盆踊り④の記事の続きを読む

乞田の盆踊り③


2011/07/27
お神楽などの伝統芸能はどこで見ても、聞いても、いいものですね。日本人の心のふるさとです。太鼓を叩いているのは子供たちです。このような、若い世代でこれからの祭りを盛り上げてほしいですね。舞台は矢那地区の祭りの出しと同じ様に、馬車などを、ベースに作られているようでした。...

>>乞田の盆踊り③の記事の続きを読む

乞田の盆踊り②


2011/07/26
乞田地区祭り保存会の方々によるお神楽が披露されておりましたのでしばらくそちらをお楽しみ下さい。神楽と狐様が同時に踊っています。子供たちにお菓子などが投げられ、一気に周りがにぎやかになりました。舞台の下には保存会の会員募集のチラシが張られていました。このような、伝統芸能を存続していくには、地道な努力と苦労があるんですね。...

>>乞田の盆踊り②の記事の続きを読む

乞田の盆踊り①


2011/07/25
山梨旅行の帰り、娘(直美)の嫁ぎ先の多摩市に寄り道し、乞田の盆踊りを見学しました。開催直後の会場(公園)です。まだ、盆踊り自体は行われていませんでした。空模様が気になります。雨が降らなければ、良いのですが。...

>>乞田の盆踊り①の記事の続きを読む

市道の一斉手入れ


2011/07/24
7月24日、矢那3区上部(区長:伊藤一郎)の唯一、全員参加行事の市道の一斉手入れが行われました。今回初めて、かずさアカデミアの企業からボランティアの有志が10名ほど、参加をいただきました。この道路の他、狭い市道の草刈や、公園、墓地などの清掃作業も同時に行われ、区域内の道路や公共施設がきれいになりました。参加された、区民の皆様、大変ご苦労さまでした。...

>>市道の一斉手入れの記事の続きを読む

田んぼの草刈


2011/07/23
雑草が繁茂した滝の谷津の一番上の田んぼのあぜ草を刈りました。この田んぼから上は耕作放棄地となっており、昨年はいのししの被害を受け、全滅したたんぼです。多分、今年も又、被害を受けることとなるでしょう。水田には水草が可憐な白い花を咲かせています。稲作にはやっかいな雑草ですが、花自体は可憐で可愛い花です。...

>>田んぼの草刈の記事の続きを読む

おいしい料理を堪能する


2011/07/21
ハウスや圃場を見学した後はテントで一休み。暑い中、大豆の種まき、ハウストマトの見学等でちょっとバテ気味です。でも、この後、農場野菜を使ったおいしい食事がでますので、もう少しお待ちください。なんといっても、一番おいしかったのは、時間をかけて、秘伝のたれに漬けて焼いた豚肉でした。女性陣はレシピ等を聞き、メモを取っておりました。すみません。焼肉の他にも、スパゲティや冷たいスープ、焼きそばなどおいしい料理...

>>おいしい料理を堪能するの記事の続きを読む

みかど協和種苗・袖ヶ浦農場オープンディ


2011/07/20
大豆の種まきが終了した後、みかど協和種苗袖ヶ浦農場のオープンディに参加しました。これはファーマーズクラブの研修事業の一環で毎年参加しています。種苗会社の先進技術を目で見て話を聞けることは大変有意義なことだと思います。ラブリー藍、ラブリーさくらは初めてこの農場で試食させていただいた時、その甘さに衝撃を受けました。しかし、いざ、自分で栽培してみると、甘さはおろか、このように実を付けさすことはとても出来...

>>みかど協和種苗・袖ヶ浦農場オープンディの記事の続きを読む

| 伊藤農園の米づくり日記ホーム | 次ページ

▲TOPへ