伊藤農園の米づくり日記 >> 2011年09月に投稿されたエントリー一覧

秋のたんぽぽ


2011/09/30
田んぼに彼岸花が咲き始めました。こちらは、西洋たんぽぽの花です。タンポポは春のイメージが強いですが、きっと、春から秋まで咲くのですね。...

>>秋のたんぽぽの記事の続きを読む

最後の稲刈り


2011/09/29
今年、最後の稲刈りが9月29日、終了しました。9月10日、スタートした稲刈り、約20日間の超スピードでの終了となりました。休みの日にしか、作業できない私にとっては、異例の速さです。作業疲れも溜まっていますが、とりあえず、ホッと一息です。後は、乾燥、籾摺りと作業が終了して行けば、今年の秋作業も終わりを迎えます。全体的な作況指数はどのくらいになるのでしょう。...

>>最後の稲刈りの記事の続きを読む

最悪の田んぼ


2011/09/28
最後は最悪な田んぼの稲刈りが残っていました。何とか、コンバインで約2/3を刈り取ることが出来ましたが、排水が最後までうまくいかず、コンバインを潜らしてしまうのではないかと、ハラハラしながらの作業となりました。稲も早くから倒れており、多分、品質も良くないと思いますが、刈り取らないと、次の作業が出来ませんので、がんばらなければいけません。ママさんと残り1/3を半日かけて、何とか、最後の稲刈り作業を終了...

>>最悪の田んぼの記事の続きを読む

氏子青年会


2011/09/27
御嶽神社祭礼の朝、神社には氏子青年会による、お神楽が奉納されます。現在の青年会は20名程度だそうで、この人数で、これからの祭りをどのように維持していくかが、大変なようです。昨年は、鳥居を修復しましたが、本殿そのものの老朽化も著しく、改修等も視野に入れて行かなければならない時期にきていると思われます。いよいよ、これから、お神楽が奉納されようとしていますが、残念ながら、次の行事への参加の時間が迫って来...

>>氏子青年会の記事の続きを読む

御岳神社祭礼


2011/09/26
地区の秋祭り、御岳神社の祭礼が先日、24日、開催されました。本来、この、案内板の通り、29日が正式な祭礼日なのですが、近年、参加者が減少したなどの理由により、直近の土曜日に開催されているようです。当日は参道となる、道路の入り口にはのぼりやちょうちんが飾られ、雰囲気を盛り上げます。...

>>御岳神社祭礼の記事の続きを読む

またまた、籾摺り機、故障!


2011/09/25
またまた、籾摺り機が故障しました。先日、交換した、ベルトが外れてしまいました。今回も、ベルトを掛けても、すぐ、又、外れてしまうため、文平産業さんに修理を依頼しました。原因は、中に蛇がいるとのこと。びっくりしました。しかし、何をしても、出てきません。生きてはいるのですが、きっと、ねずみを追いかけて、入ってしまったのでしょう。仕方なく、カバーを開けて、自然に出て行くのを待つことにしました。...

>>またまた、籾摺り機、故障!の記事の続きを読む

籾摺り機、部品交換


2011/09/24
昨年はこの乾燥機の中枢のコンピューターがねずみに食害され、大損害を被りました。どうしても、お米等を扱う、作業場にはねずみが侵入します。しかし、今回、籾摺り機の内部に蛇が侵入していたとは、驚きです。我が家の猫は良くねずみを捕まえてきます。多分、作業場などから、捕まえてくるのでしょうが、考えてみれば、蛇もねずみが大好物なんですよね。そういえば、作業場の前のお茶の木にはよく、青大将が寝そべっていましたが...

>>籾摺り機、部品交換の記事の続きを読む

稲刈り中盤


2011/09/23
秋の稲刈りの作業もいよいよ、中盤にさしかかって来ました。ふさこがねから刈り始め、ミルキークイーンを刈って、現在、コシヒカリを刈り取り中です。コンバインでの刈り取りが終わると、グレンタンクに籾を積み替え、自宅の乾燥機に運び、乾燥作業を開始します。軽トラックには稲刈りで住処を追われた、バッタが1匹、とまっていました。バッタさん、ごめんね。何処か、草むらで生活して下さい。...

>>稲刈り中盤の記事の続きを読む

稲刈り進行中


2011/09/22
今年の稲刈り、スタートは遅かったものの、連休が晴天に恵まれたため、順調に作業が進行しています。コンバインで刈った稲は籾と稲わらに別れ、稲わらは細かく刻んで田んぼに返され、有機肥料として、リサイクルされます。伊藤農園では、この籾わらの他に、山から採ってくる落ち葉なども鋤き込んで、出来るだけ、有機肥料による栽培を心がけています。昨年の整備では、コンバインの消耗した部品交換を実施したため、現在、順調に稼...

>>稲刈り進行中の記事の続きを読む

選別、籾殻処理


2011/09/21
乾燥機から出たお米はもみすり機で玄米になった後、この選別機で良い米と悪い米に選別されます。尚、乾燥作業は籾の水分量や穀物量にもよりますが、約12時間程度の乾燥時間を要します。選別された良いお米はこの時点で30kgの米袋に入り、玄米としてお客様の家庭に届けられます。お米とは別に、副産物として多くの籾殻が発生します。この籾殻は、多くは田んぼに返され、有機肥料の1部として利用されます。又、1部はやきいも...

>>選別、籾殻処理の記事の続きを読む

| 伊藤農園の米づくり日記ホーム | 次ページ

▲TOPへ