伊藤農園の米づくり日記 >> 2013年12月に投稿されたエントリー一覧

餅つき


2013/12/31
ママさんと正月のお雑煮用のお餅を搗きました。もうすぐ、蒸け上がるようです。お供え用の丸餅は熱いうちに丸めます。手が熱くなってきますが、何とか出来上がりました。...

>>餅つきの記事の続きを読む

正月飾り作り


2013/12/30
親子で参加した方々は講師の指導で正月のお飾りを作り始めました。講師の作る様子を見ながら、頑張って、最後まで作りましょう。...

>>正月飾り作りの記事の続きを読む

お飾り作り(公民館)


2013/12/29
12月27日、公民館では、恒例の正月飾り作りの実習を開催しました。こちらは、講師の石井さんが採ったわらですが、上と下の青いものは市販されていたわらだそうです。頑張って皆で正月卯飾りを作りましょう。...

>>お飾り作り(公民館)の記事の続きを読む

2014年の展望⑧


2013/12/28
写真は滝の谷津地区の中間部ですが、伊藤農園は他地区にも自作地を所有しています。下矢那地区の1枚は竹内氏が、伊豆山地区の3枚は岡崎氏に耕作を依頼しています。...

>>2014年の展望⑧の記事の続きを読む

2014年の展望⑦


2013/12/27
こちらが伊藤農園最後の耕作地、滝の谷津(上)です。自作田2枚がありますが、猪被害がいちぢるしく、電柵を設置するも、万全ではありません。年明け早々、やな刈りと電柵補修をしなければいけません。滝の谷津(上)地区は伊藤農園の耕作地が最前線でそれより上は耕作放棄地となってしまいました。昔は、上の堰まで、綺麗な水田風景が続いていたのですが。...

>>2014年の展望⑦の記事の続きを読む

2014年の展望⑥


2013/12/26
金井戸地区、八反会地区と進めて来ましたが最後は滝の谷津の下地区です。こちらには、大小5枚の借地水田がありますが、近年、いのししの被害が懸念されています。前には井戸小屋もありますが、ため池(堰)からの自然水利で不自由はありません。年末の田耕いが間に合わず、稲株がそのままの状態です。...

>>2014年の展望⑥の記事の続きを読む

2014年の展望⑤


2013/12/25
八反目地区は伊藤農園の稲作事業の主力産地と成りつつありますが、自作地は水仙畑のみです。土地改良事業が完成し、バーエキューをここで開催したのと、1年後、伊豆に旅行をしたのを記憶しています。こちらは、畑での利用をしていましたが、道路沿いでもあるため、ブルーベリー園を開設したいと考えていますその横の、たんぼは今一、良くありませんが、稲作を継続中です。将来的には、多用途への変更利用を検討していきたいと思っ...

>>2014年の展望⑤の記事の続きを読む

2014年の展望④


2013/12/25
水仙畑の反対側には当地区では比較的大きなたんぼ2枚が借地田としてあります。1枚は比較的長く耕作し、荒れていた当時よりも、格段に土質が向上しています。しかし、水利が末端のため、悪く、夏の水管理には苦労させられます。こちらは最近、やはり、高齢で離農された方から引き継ぐ形で借地した水田です。まだ、1~2年ほどしか、耕作していませんが、費用対効果は高いたんぼです。...

>>2014年の展望④の記事の続きを読む

2014年の展望③


2013/12/24
こちらのミニたんぼ2枚は数年前から離農者の依頼で耕作を始めました。稲作としての経営的メリットはありませんが、伊藤農園の水仙畑と地続きでもあり、借地しています。周辺には写真奥に見えているたんぼが今年から収穫を放棄し、耕作の放棄地となろうとしています。今後の行方が心配されます。...

>>2014年の展望③の記事の続きを読む

2014年の展望②


2013/12/23
水田の金井戸(新田)地区です。こちらには自作田3枚、借地田2枚があり、小さなたんぼですが、耕作継続を念頭に考えて行きたいと思います。伊藤農園の主力品種のミルキークイーンを栽培していきます。...

>>2014年の展望②の記事の続きを読む

| 伊藤農園の米づくり日記ホーム | 次ページ

▲TOPへ